街で写真を撮ってブログに掲載しています。気をつけることは何かありますか?

A:人物の写り込みや個人情報に注意しましょう。

自分で撮影した写真であれば著作権は自分自身にありますので、基本的には自由に扱うことができます。
その際に他人の著作物が写り込んでしまっても基本的には問題にはなりません。
他人の著作物をメインに据えたものはダメです。
(⇒写真等への写り込み)

ただし著作権的に問題はなくても人物を撮影すれば肖像権の問題があります。
肖像権とは無断で写真を取られない権利や肖像(外見のこと)を無断で利用されない権利のことです。
写真を取られない権利なので本来は撮影時に問題になるものですが、実際にはネットに公開されるなどで他人に公開されるときに問題になりやすいです。

写真を公開されることで、撮影した人が「いつ、どこで、何をしていた」というようなプライバシーが侵害されることがあります。
また本人の意に介して公開されることで容姿を批判されたりと精神的苦痛を受けることがあります。

裁判沙汰にはならないとしても、無用なトラブルを避けるためにも人物の顔にはモザイク処理をするなどしておきましょう。

デジカメ写真には意外と個人情報が

デジタルカメラで撮影した写真には「Exif」という情報が埋め込まれます。
これには「カメラの種類」「撮影日時」「位置情報(GPS)」「サムネイル」などが含まれます。
これらをそのままにしてネットに公開すると「いつどこで撮影した」ということがバレてしまいます。
自室の写真なら住所までがバレることになります。

「サムネイル」とは画像の縮小版のことで、写真一覧などを表示するために使われる小さな画像です。
サムネイルと写真本体のデータは別として扱われるので、写真自体にモザイク処理を掛けてもサムネイル画像はそのままになります。
この状態でアップロードしてしまえばモザイクを掛けた意味がなくなります。

これらのデータを消去するフリーソフトがネット上にはありますので活用するといいでしょう。
「Exif 消去」などの検索ワードですぐに出てきます。

スポンサードリンク