違法にアップロードされた音楽や動画って見分け方はあるのですか?

A:100%は無理です。しかし目安や自衛策はあります。

Youtubeなどの動画投稿サイトをはじめとして、ユーザーが自由に動画や音楽を投稿できるサイトやサービスは数多くあります。
こういった動画や音楽の中には違法アップロードされた物が少なからずあると考えられます。
違法にアップロードされた動画や音楽をダウンロードすれば違法ダウンロードとなってしまいます。

違法ダウンロードをしてしまわないように気をつけるべきことはいくつかあります。

常識的な判断で合法なもの以外はダウンロードしない

一番無難なのは怪しいファイルには近づかないことです。
普通に考えて合法的なファイルだろうと判断できるものしかダウンロードしない、ということを心がけていればまず違法ダウンロードをしてしまうことはありません。

違法ダウンロードが成立するにはダウンロード時にその動画や音楽が違法なものであると知っている必要があります。
(⇒違法ダウンロードのギモン参照)
悪意のある人間が合法ファイルを装って違法ファイルをアップロードするケースもあるかもしれません。
しかしそのような物をダウンロードしてしまった場合は罪に問われることはないでしょう。

例を挙げれば、iTunes Storeという大手音楽配信サイトで権利者に無断で楽曲が配信されていたことがありました。
ユーザーはiTunes Storeというネームバリューに安心し、まさか違法ファイルが配信されているとは考えもしなかったでしょう。

「これなら勘違いしても仕方ないな」という状態であれば違法性の認識を立証するのが困難なので、警察は追及してくることはありません。
(重大事件でもない限り、警察は立件可能性の低いものは家宅捜索に踏み切ったりはしません)

もし知らずに違法ダウンロードをしてしまった場合はダウンロードしたファイルは削除し利用しないようにしましょう。
そうすることで万が一警察の捜査を受けても(この可能性自体がごく低いですが)「ダウンロード後に違法ファイルと気付いたので削除した」と言えば不利にはならないでしょう。
違法ファイルと気付いた後もずっと残していたりファイルを利用したりしていると、違法とわかった上でダウンロードしたと疑われても仕方ありません。

「証拠の隠滅を疑われるのでは」と心配するかも知れませんが、警察がいつやって来るかなどは事前にわかりませんし、来たら来たで証拠隠滅させてくれる隙などはありません。
それに自己の犯罪、つまり自分の犯した罪の証拠隠滅は罪にはなりませんので、どちらにしても不利になることはありません。

Youtubeなどの動画サイトからはダウンロードしない

Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトから動画や音声をダウンロードするサービス、ダウンロードソフトなどは数多くあります。
これらは動画サイトが公式に運営しているものではないので、利用は自己責任ということになります。

そもそも動画サイトは動画をダウンロードするためのサイトではありません。
多くのサイトは利用規約でダウンロードを禁止しています。
それでもダウンロードしようとするのですからリスクはあって当然です。

公式チャンネルの動画であればほぼ合法的なものと言えますが、それ以外の個人の動画では合法か違法かを見分けるのは困難です。
普通に考えればテレビ番組・映画・アニメ・音楽CDなどはかなりの確率で違法アップロードと考えられます。
(例外あり。⇒Youtubeやニコニコ動画で音楽を使いたい。)
MADなどのような一部のみの使用でも違法です。

しかし一見違法でも実は知らないところで許諾されているケースもあります。
逆に合法に見えても違法だった、というケースもあるでしょう。
視聴者側からはそういった個別のケースまで正確に判断することは不可能です。

どうしても動画サイトから動画や音楽をダウンロードしたいのなら、絶対に合法であると確信を持てるもの以外はダウンロードしないほうがいいでしょう。

※注
ニコニコ動画には投稿動画から音声をダウンロードする「NicoSound」という公式サービスがあります。
これは投稿者自身がダウンロード可能に設定するものですので、これを利用したダウンロードはほぼ問題ありません。
ただし明らかに違法なものがダウンロード可能になっている場合はダウンロードしないほうがいいでしょう。
(※ひらがなの「にこさうんど」というサイトはニコニコ動画とは無関係です)

売っているものは買う

もはや常識というか当たり前というか、売っているものは買いましょう。
「買う価値がないからダウンロードで済ませてるんだ」などと開き直る人もいますが、お金を払わず商品を持っていくのは泥棒と同じで、お客様ではありません。

関連質問

スポンサードリンク