文化祭であるアーティストの曲を使ってダンスを披露する予定です。これは許可が必要ですか?

A:許可は必要ありません。

著作物を利用して何かをするには基本的に許可が必要ですが、許可を取ることなく使用できる例外がいくつか存在します。
非営利での上演がそのひとつです。

CDなどの公表された著作物(つまり売られているものなど)は、営利を目的とせず、観客から料金を受け取らない場合は無断で使用することが出来ます。
文化祭は普通は誰からもお金を取らないのでこの範囲になります。
(⇒非営利での上演等参照)

さらに学校の授業で使用する場合は学校などの教育機関における複製にも該当します。
文化祭も授業の一環とみなされるので、必要なら複数のCDから曲を寄せ集めてCD-Rにまとめたり、パソコンなどにコピーしたものから曲を再生したりといった使用方法も可能です。
(⇒学校で著作物を使う場合参照)

当たり前ですが複製した音楽CDを来場者に配るなどはできません。

文化祭の範囲を超えた利用はNG

それらの出し物の様子を撮影したものを後日配布するというのは文化祭(授業)の範囲を超えると考えられますので無断では出来ません。
もちろん音楽をカット(無音化)するなど、他人の著作物が入らないように編集されたものであれば問題はありません。

スポンサードリンク