レンタル店で借りたCDをパソコンやMP3プレイヤーなどにコピーするのは違法?

A:合法です。問題ありません。

レンタル店で借りた音楽CDを自分用にコピーすることは私的利用のための複製の範囲ですので、コピーすることは合法です。
私的複製は自分または家族間などのごく狭い範囲であればコピーすることが認められています。
(⇒複製権と私的複製参照)

ネットでは時々以下のような意見が見られます。

  • レンタルCDは料金を払っているからコピーしてよい
  • レンタルCDはCDを借りるために料金を払っているのであってコピーの料金は払っていないのでコピーは違法だ
  • 私的複製は自分で買ったCDにだけ認められるのであってレンタルCDのコピーは違法だ

これらは特に根拠もなく、間違いです。
私的複製は、それ自体が著作者の許可を取ることなく無料でコピーできると著作権法で認められています。

さらに私的複製とならない3つの例外である

  • 公衆に設置されている自動複製機を使っての複製
  • 技術的保護手段(コピーガード)を回避しての複製
  • インターネット上の違法な音楽・映像ファイルのダウンロード
    (いわゆる違法ダウンロード)

を除けば複製する元が何であるかは限定していません。
つまり、自分で購入したCDはもちろんレンタルCDや友達から借りたCD、図書館で借りたCDなど、どのようなものからのコピーであっても私的複製が認められます。

CDレコーダーなどの録音専用機を使ってコピーをする場合私的複製補償金を支払う必要があります。
これは音楽用CD-Rの料金に含まれていますので、CDレコーダーを使ってコピーをする場合は音楽用メディアを使用する必要があります。
(大抵は音楽用でないとコピーができないようになっています)

しかし、パソコンを使ってコピーをする場合は音楽用CD-Rでもデータ用CD-Rでもどちらでもかまいません。
パソコンは録音専用機ではなく、私的複製補償金を払わなければならない機器に定められていないからです。
パソコン内やMP3プレイヤー等にコピーするのでも同様です。
「パソコンで音楽CDを焼く場合は音楽用CD-Rを使わなければ違法になる」という意見もたまに見られますが、これは間違いです。

DVDやBlu-rayは注意

反面、DVDやBlu-rayのコピーはほとんどの場合で違法となります。
商用やレンタル用のDVD・Blu-rayにはほぼ間違いなくコピーガードが施されていてコピーが出来ないようになっています。
これを何らかの手段で無効化してコピーする行為は上にも書いた「技術的保護手段(コピーガード)を回避しての複製」に該当します。

インターネット上の古い情報では「DVDのコピーは合法」と書かれているところもあると思いますが、2012年10月の法改正で違法となりました。
ただしコピーガードがないものであれば法律上の問題なくコピーできます。

関連質問

スポンサードリンク