許可の要らない著作物の利用方法・1

付随対象著作物の利用(著作権法30条の2)

たとえば街中で写真撮影をしたら、背景にポスターが写り込んでしまったとします。
他人の著作物を写真撮影することは複製行為なので、私的な範囲を超えての使用はできなくなるのでしょうか?

そんな時に必要になるのが付随対象著作物の利用の規定です。
付随対象とは要するにメインではなくたまたま入り込んでしまった、などの意味です。

この場合、その写真は本来の使い方と同じ使用ができ、使用方法は制限されません。
ブログにアップロードしたりしても構いません。
ただし随対象著作物の権利者の利益を不当に害するような場合は除きます。

条件

あくまでもその著作物をメインとした撮影ではないことが条件です。
対象の著作物をど真ん中に据えて撮影すればそれは「付随」ではありません。
もちろん付随対象著作物の画面上の位置が問題になるのではなく、オマケと言えるような軽微なものかで判断されるでしょう。

また、撮影時に分離が困難である場合に限られます。
付随対象著作物を避けて撮影することが簡単にできる場合には認められません。

さらに、随対象著作物の権利者の利益を不当に害するような場合は認められません。

写真以外でも適用範囲

上では写真撮影の場合で説明しましたが、映像の撮影や音声の録音の際にもこの例外規定は適用されます。
街中で撮影中に近くの店舗から音楽が流れてきて入り込んだ場合なども、この例外規定によって問題がないということになります。

  • 他人の著作物が偶然写り込んでしまったような場合は、その著作物の作者の許可は取らなくても利用可能。
  • 写り込みが軽微で、分離が困難な場合に限る。
  • 写り込んだ著作物の著作権者の利益を不当に害す場合はダメ。
  • 写真のほか、録画や録音も対象となる。
スポンサードリンク